大紀元時報

ロシア大統領、「新たなキューバ危機」に対応用意 米をけん制

2019年02月22日 14時58分

[モスクワ 21日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は、仮に米国が望むならキューバ危機のような事態に軍事的に対処する用意があると言明した。具体的な対応策に初めて踏み込んだ。

ロシアのメディアに20日夜、コメントした。

対米関係は緊迫していると指摘。「(緊張が)1960年代のキューバミサイル危機の水準にまで対立状態が高まる理由にはならない。いずれにしてもそうしたことを望んでいない」とした上で、「仮に誰かが望むなら仕方がない。受けて立とう。そうした状態が意味することを今日示した。相手に(ミサイル飛行時間の)秒読みをさせよう」と述べた。

米国が中距離核兵器の欧州配備に動けば、ロシアは艦船や潜水艦に極超音速ミサイルを搭載し、米領海外に展開する可能性に言及した。

潜水艦や水上艦は移動可能で、相手が位置を特定する必要があると指摘。欧州に配備した米ミサイルがモスクワに到達するより先に、ロシアが米国を攻撃できるとの認識を示した。

^