大紀元時報

豪、OECD次期事務総長にコーマン金融相を推薦へ

2020年10月08日 15時02分
10月8日、オーストラリアのモリソン首相は、経済協力開発機構(OECD)次期事務総長にコーマン金融相(写真)を推薦すると表明した。写真はスイスのダボスで1月撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
10月8日、オーストラリアのモリソン首相は、経済協力開発機構(OECD)次期事務総長にコーマン金融相(写真)を推薦すると表明した。写真はスイスのダボスで1月撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[シドニー 8日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は8日、経済協力開発機構(OECD)次期事務総長にコーマン金融相を推薦すると表明した。

米政府は、大統領次席補佐官のクリストファー・リデル氏をOECD次期事務総長に推薦している。

コーマン氏はベルギー生まれ。金融相を7年間務めたが、今月、国内政界から引退する予定。11月に欧州を訪問し、事務総長選で支持を求める方針だ。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^