大紀元時報

安倍前首相「日本は米中のフロントライン」外交安保の洗練を訴え

2021年03月29日 22時15分
新潟で講演した安倍晋三前首相は、日本は米中戦の最前線にあるとして、外交安保の洗練する必要性を訴えた。2020年12月、首相官邸で報道陣に囲まれる安倍首相(当時)(STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
新潟で講演した安倍晋三前首相は、日本は米中戦の最前線にあるとして、外交安保の洗練する必要性を訴えた。2020年12月、首相官邸で報道陣に囲まれる安倍首相(当時)(STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)

安倍晋三前首相は27日、新潟県新潟市で開かれた自民党新潟県連の会合で講演し、米中対立を論じるなかで、日本を含むインド太平洋地域が米中対立の最前線にあるとの認識を示した。

安倍氏は演説の中で、「今、台頭する中国の軍事力、一方的な現状変更の試みを東シナ海、南シナ海で行っている中において、フロントラインがインド太平洋に移ってきたと言ってもいいだろう。」と述べた。「我々は認識としてインド太平洋地域、日本を含めたラインがフロントラインになってきたという認識、覚悟を持ちながら、しっかりと外交安全保障政策に取り組んでいく必要がある」と付け加えた。

4月8日に菅義偉首相が訪米、9日に予定されているジョー・バイデン大統領との日米首脳会談について、安倍氏は「バイデン大統領が初めて対面で行う会談だ。アメリカにとって世界の中で外交安全保障上重要な地域がインド太平洋に移ってきたということだ」と語った。菅首相はバイデン大統領と首脳会談を行う初の外国首脳となる。

2012年から約8年間政権を舵取りした安倍氏は、憲法改正を実現できなかったことが悔やまれると述べた。そして、今でも多くの自衛隊員が、命がけで緊急出動していると述べ、改めて憲法9条を改正して自衛隊の存在を明確に記録する必要性を訴えた。

(佐渡道世)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^