9月27日、広東省珠海市で開催された「第13回中国国際航空・航空宇宙展」で展示される超音速巡航ミサイル、参考写真 (Photo by NOEL CELIS/AFP via Getty Images)

中国が8月に極超音速ミサイル実験、米情報機関は技術力に驚き=FT

[北京 17日 ロイター] - 中国が今年8月、核弾頭を搭載できる極超音速ミサイルの実験を行い、その技術に米情報機関が驚きを示した。16日付英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、5人の関係者の話として伝えた。

報道によると、中国軍は極超音速で滑空する物体を積んだロケットを打ち上げ、この物体が地球上を低周回軌道で移動しながら標的に向かい、目標から約24マイルの地点に到達した。この実験について「中国が極超音速兵器開発で目を見張るほどの進歩を見せ、米当局の認識のはるか先にあった」と、米情報機関から説明を受けた関係者が語ったという。

中国国防省はロイターからのコメント要請には回答していない。