大紀元時報
トップ 強制臓器摘出
強制臓器摘出
2021年2月9日、米国務省のプライス報道官が定例記者会見に臨んだ(OLIVIER DOULIERY/POOL/AFP via Getty Images)
2021/07/20
米国務省、「直ちに法輪功弾圧を停止せよ」と中国に要求 今日で22年経過

米政府は19日(現地時間)、中国当局に対して中国伝統気功グループ、法輪功学習者に対する長期にわたる弾圧を「直ちに停止し」、拘束されている学習者全員を釈放するよう求...

中国文化大革命の時、1人の男性がつるし上げにされ「黒幇分子(悪徳分子)」と非難された(Public Domain)
2021/07/05
オピニオン
中国共産党は中国の精髄を破壊した

中国共産党はこのほど、党創立100周年の記念イベントを開催するために、北京市内で厳戒態勢を敷いた。刃物を扱う店舗は、顧客に身分証明書を提示するよう求め、顧客の個人...

中国政法大学の羅翔教授(スクリーンショット)
2021/07/01
「ドナーを動物のように飼育」 中国、著名法学者が臓器ビジネスを非難 

中国版ツイッター、微博(ウェイボー)で250万人のフォロワーを持つ中国政法大学の羅翔教授のアカウントでは6月26日、すべての投稿が削除されたことがわかった。その後...

合成写真(The Epoch Times)
2021/03/12
中国の肺移植専門家、全人代で「臓器提供率を都市評価指標に」と提言 「臓器狩りの隠蔽」指摘も

3月5日開幕の全国人民代表大会(全人代)で、全人代代表で「中国の肺移植の第一人者」として知られる無錫市人民病院の陳静瑜副院長が、臓器提供率を「文明都市を評価する基...

米国防総省で次官補代理を務めたフランク・ガフニー氏(李辰/大紀元)
2021/02/04
中国共産党の国際犯罪組織認定、米元高官がバイデン政権に期待

米国防総省で次官補代理を務めたフランク・ガフニー(Frank Gaffney)氏は1日、バイデン政権が中国共産党を国際犯罪組織に指定すべきだとの見方を示した。同氏...

2014年7月20日、台湾の法輪功学習者は、臓器狩りのデモンストレーションを行い、問題を周知させようとしている(Mandy Cheng/AFP/Getty Images)
2020/11/25
中国の臓器狩り問題、米議員「関与者に制裁科す法案を推進中」

米下院議員はこのほど、中国伝統気功グループ、法輪功の学習者を対象にした強制臓器収奪に関与する中国当局の高官らに制裁を科すための法案を準備していると明らかにした。...

写真は2019年5月、米NYのパレードで臓器狩りの中止を求める法輪功学習者(戴兵/大紀元)
2020/09/03
上海市警察、法輪功学習者に強制採血 各地で多発

中国上海市警察当局は8月初め、法輪功の女性学習者(70)に対して強制的に採血したことがわかった。警官らが「国が定めたことだ」と採血に応じるよう強要した。

米国務省(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2020/06/11
米、信仰の自由年次報告書を発表 昨年「96人の法輪功学習者が迫害で死亡」

米国務省は6月10日、世界各国の信教の自由に関する2019年版報告書を発表した。ポンペオ国務長官は、発表に合わせて記者会見で、「中国ではすべての宗教に対する政府主...

米外交政策提言組織「現在の危険委員会・中国(Committee on the Present Danger : China)」のフランク・ガフニー副委員長(李辰/大紀元)
2020/06/02
米政策提言組織、「中国の強制臓器摘出を終わらせよ」と政権に要請

米国の外交政策提言組織「現在の危険委員会・中国(Committee on the Present Danger : China、CPDC)」は5月27日、トランプ...

米国国際宗教自由委員会(USCIRF)のゲイリー・バウアー委員(林楽予/大紀元)
2020/05/12
米国際宗教自由委員会、トランプ政権に中国臓器狩り問題を調査求める

米政府機関、国際宗教自由委員会(USCIRF)のゲイリー・バウアー(Gary L. Bauer)委員はこのほど、トランプ政権に対して、中国当局が伝統気功グループ、...

長年中国臓器狩り問題を調査してきたカナダ人権弁護士のデービット・マタス氏。2019年10月米バージニア州で撮影(林楽予/大紀元)
2020/04/23
中共肺炎のまん延、カナダ人権弁護士「国家によるテロで刑事責任問うべき」

中共ウイルス(新型コロナウイルス)が全世界で猛威を振るうなか、多くの国の政府や団体が、中国当局が当初から感染情報を隠ぺいし、感染者数を過少報告したと非難している。...

法輪功学習者の何立芳さんは今年7月2日、迫害で死亡した(明慧網より)
2019/12/04
中国青島市法輪功学習者が死亡、背中に切開の痕 強制臓器摘出の疑い

中国山東省青島市に住む法輪功学習者、何立芳さん(享年45)は今年7月2日、当局の拷問を受けて亡くなった。家族によると、何さんの遺体の全身に殴打された後のあざや傷が...

米国務省のサム・ブラウンバック信教の自由担当大使(Samira Bouaou/大紀元)
2019/07/12
米国務省高官「中国など宗教弾圧の国に措置取る」

米国務省のサム・ブラウンバック大使(信教の自由担当)は11日記者団に対して、今後中国当局をはじめとする、宗教迫害を行う国と政府に圧力を強め、対応措置を取るとの方針...

臓器摘出・売買を撲滅するための法案をカナダ議会に提出したガーネット・ジェニュイス下院議員は11月20日に行われた記者会見で発言した(任僑生/大紀元)
2018/12/14
「国民を犯罪に加担させない」カナダ下院、臓器狩り撲滅の法案を審議 

カナダ議会では10日、強制臓器摘出・臓器売買の撲滅を目的にする刑法改正法と人身売買難民法の法案である「S-240法案」第二読会の第2回審議が行われた。同法案は10...

2006年、当時の胡錦涛中国主席の訪米にあわせて、サンフランシスコで「臓器強制摘出問題」のデモンストレーションを行う法輪功学習者や人権擁護者たち(JIM WATSON/AFP/Getty Images)
2018/08/02
臓器狩り
「一帯一路の波に乗り」臓器移植の中国モデル、世界に波及させる構え=中日友好病院

中国衛生当局は、7月中旬吉林省長春市で開催された「第9回全国臓器提供および移植フォーラム」において、近年国民による臓器提供の増加で、中国の臓器移植事業が大きく発展...

6月24~28日福岡市でライオンズクラブ国際大会が行われた。同大会で台湾ライオンズクラブと台湾国際臓器移植関懐協会は共同で、中国で起きている生体強制臓器摘出問題に関する活動を紹介した(李怡君/大紀元)
2016/07/02
ライオンズクラブ国際大会 福岡で閉幕、中国臓器狩り問題に関心集中

社会奉仕団体「ライオンズクラブ」第99回国際大会が6月24~28日まで、福岡市で開催された。日本を含む世界120カ国から約3万8000人が参加した。台湾ライオンズ...

^