THE EPOCH TIMES

【党文化の解体】第2章(8)「宗教自由の虚像を作り上げる」

2008年05月19日 00時00分

 1-2)-(6) 宗教自由の虚像を作り上げる

 中国のいわゆる「宗教自由」は、偽りの自由であり、その自由には一つの前提条件がある。つまり共産党の指導を受けなければいけない。簡単に言えば、線香を立てて拝んだり、教会に行って懺悔したりすることは自由にできるが、もし、その信仰が共産党の原則や方針と衝突が生じたら、無条件に共産党に服従しなければならないということである。

 偽りの宗教自由は、宗教の世俗化、宗教団体の国家機関化、宗教建築物の商業化、宗教指導者の政治化或いは国家幹部化などの面に現れている。

 中国では、宗教管理局は政府が宗教を支配する部門である。多くの寺院の方丈、道観の神主は中共の幹部でもあり、行政の職位を持ち、給料を貰い、政治協商会議に出席し、公用車両やパソコンを備え、毎週政治学習を行なう。一般の中共幹部と比べて違うところは、彼らは袈裟や道袍(道士の衣装)を着ているという点だけである。寺も道観も彼らにとっては職場に過ぎない。

 

宗教者に対して中共が実施した統一戦線秘策:金銭による買収と武力弾圧(イラスト=大紀元)


偽りの宗教自由のもう一つの現れは、大量にお寺などの宗教施設を建てて、各種の宗教大会を開き、佛像を造り、佛経を印刷するということなどである。こうして人々に中共が積極的に宗教を扶助しているという虚像を与えた。しかし、これらは本当の修行に何の関係もないことである。

 大紀元社説『共産党についての九つの論評』の第六評「中国共産党による民族文化の破壊」の中に書かれているように、「寺院はそもそも静寂で出家の人が佛を拝み、修行する場所であり、あるいは、世の人々が懺悔するところでもある。修行するには、静けさと無為を重んじる。懺悔するにも、荘厳な環境が必要である。しかし今、寺は経済利益を獲得する旅行名所となった。今寺院に足を運ぶ人の中で、精進潔斎してから、佛を敬う心を持って、自分の過ちを反省するために来た人は何人いるだろうか? 表面の形を回復し、その本質を破壊する。これは正に、共産党が人々を騙す戦略である。佛教や他の宗教及び宗教文化はすべて共産党によって壊滅させられた。」

 

寺院は経済利益を獲得する観光名所になっている(イラスト=大紀元)


例えば、中国禅宗ゆかりの少林寺はすでに旅行や映画ロケ地の名所になり、少林寺の方丈は少林文化を売り飛ばし、最近3.5億人民元を費やして清浄の佛地をレジャー施設に変えようとしており、少林寺の「CEO」と揶揄されている。彼は「少林寺も企業の観念を持つべきだ」とし、豪華なスポーツカーを乗り回し、飛行機に乗って世界を周遊しながら、少林寺での各種の大型イベントを画策し、毎日企業のボス、政府高官、海外の知人など様々な社会人の間を走り回っている。彼の生活の中で最も多くの時間を使っているのは、来賓の接待と事務処理である。老祖達磨が伝えた「壁観」(壁に向かって座禅)の修行法に求められる清浄な環境は全く失われた。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^