中国社会に蔓延する「権色交易」 驚愕の「裸体農園」性接待

2016/04/29
更新: 2016/04/29
コメント

中国では、企業や商人が利益のため、権力者へ賄賂として美女特別サービスを提供する代わり、各種(時には違法な案件)の便宜を図ってもらう、いわゆる「権色交易」が横行している。このような中国共産党幹部や政府役人への性接待事情を、米ニューヨークに本部ある中国語独立メディア「看中国」の専属ライター鄭中原氏が、記事で明かした。下記はその抄訳


魚心あれば水心あり。利権をむさぼる企業家はそのことをよく心得ており、金を欲する官僚には金品が、色を好む役人にはしかるべき機会が周到に準備される。道徳観念の腐敗が蔓延するにつれ性接待が増加し、その見返りとして日々様々な便宜が図られている。だが、この手の「賄賂」が明るみにでることはほとんどない。金品という物的証拠の残る収賄と違い、関係者が語らなければ表ざたになることがないからだ。

「美女特別接待」で新薬の承認を獲得

筆者が中国のある大企業に勤めていた頃、役職柄よく社長に同行していた。複数の会社を経営する社長は、要人を接待するときにはプライベートヨットを出して「特別な美女接待」を提供していた。

社長のもつ製薬会社が腫瘍の新薬を開発し、新薬の承認検討委員会が中国科学院の権威ある人物を専門家として承認検討会に招いた。それを聞いた社長はその日の夜、この専門家を招待し、ヨットを出して海上パーティを開いた。何人かの「接待美女」を同伴させて…。ほどなく会社は、新薬の臨床効果について、その専門家から承認を取り付けた。

政府役人の企業視察に「裸体農園」企画 大型案件が次々と認可

別の性接待の話として、かつて安徽省の役人を務めていた古い友人は、接待で「裸体農園」に行ったことがあるという。表沙汰にできない内容だとしながらも、密かに話してくれた。

90年代後半、友人は安徽省の市政府秘書長を務めていた。ある時、市内の企業家が、共産党と市政府当局の主要人物を、自分の会社の「視察」に特別に招待した。スケジュールの最後には、男性限定の企画が準備されていた。

隣県の荒涼とした原野まで車を走らせると、そこには高い壁に囲まれて厳重に警護されている農園があった。中には、別荘のような邸宅が建っていた。建物に一歩足を踏み入れた彼らが目にしたのは、全裸の若い美女たちだった。コンパニオンはもちろんウェイトレスや清掃スタッフまで一糸まとわぬ姿で働いていた。そのあとで起きたことは、想像に難くない。

その後、誰もこのことを口外しなかった。誰もが関与していたからだ。それから、この企業家は市内に大プロジェクトをいくつも立ち上げていった。それに関係する役人も相次いで昇進や栄転を重ねていった。この企業家は複数の省で会社を経営していたため、このやり方で丸め込まれたのは決して彼らだけではなかったと推しはかれる。 

 

北京には多数の政府高官専用の秘密クラブ

 こうした官民癒着は枚挙にいとまがない。捜査当局の調査結果も、その裏付けとなっている。

中国メディアが、中国共産党江蘇省常任委員会の趙少麟の息子・趙晋が経営する北京の高級クラブの一件を報じている。そこでは高級幹部に対してクラブのサービスを提供するだけでなく売春も行われており、幹部達のみだらな行為の一部始終が録音録画されて恐喝の手段とされている。

また中央銀行の前総裁・戴相龍の娘婿の車峰は、北京のある秘密クラブで容姿端麗な女子大生を雇い、省長や中央政府の長官、銀行幹部らの高官を対象に専門に接待させていた。その見返りに車峰は彼らから、銀行からの貸付金や株取引のインサイダー情報、各種案件において広範囲にわたる便宜を受けて、株式市場を含め各種市場に絶妙なタイミングで、進退自在に膨大な利益を手にした。

倫理観の乱れ 江沢民政権時代から官界から民間へ

江沢民が在任中に、自ら率先垂範して利権をむさぼり不正な男女関係を作ったため、官界で横行する不正は民間へも広がり、社会の道徳観念を低下させた。実際に、中国全体において倫理観の乱れが公になったのも、江政権時代と重なる。

中国共産党が過去数十年にわたり行ってきた「神の否定(無神論)」という洗脳工作によって、中国人の倫理観が根底から破壊されてしまった。「因果応報」や「天罰」といった言葉は死語となり、テレビやインターネットなど様々な媒体を通じて、社会にはゆがんだ性の情報があふれかえっている。こうした風潮はもはや一部の上層部だけでなく、中国国民全体に広く浸透している。

(翻訳編集・桜井信一/単馨)