THE EPOCH TIMES

北朝鮮の金委員長が医療器具工場を視察、近代化の遅れ批判

2018年08月21日 13時52分

[ソウル 21日 ロイター] - 北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金正恩・朝鮮労働党委員長が平安北道の妙香山医療器具工場を視察し、近代化の遅れを批判した、と報じた。

委員長は「公的医療セクターについては、何も誇れるものがない」と述べ、同工場の近代化に向けて個人的に関心を払うことを約束した。

委員長はシンガポールで6月にトランプ米大統領と会談した際に、シンガポールの経済発展に感銘を受けたとされる。委員長は帰国後、工場などを精力的に視察し、近代化が不十分だとしばしば批判している。

朝鮮中央通信の19日付の報道によると、委員長は、三池淵郡の鉄道の工事現場を視察し、作業の質が悪いなどとして批判したという。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^