THE EPOCH TIMES

エルサルバドル、台湾との断交で「中国の内政干渉受容」=米政府

2018年08月24日 15時14分

[ワシントン/台北 24日 ロイター] - 米ホワイトハウスは23日、台湾と断交して中国と新たに国交を樹立したエルサルバドルの決定について、米国政府にとって深刻な懸念だとして非難し、中国は覇権を求めるために経済的誘因を提供していると警告する声明文を発表した。

声明は「エルサルバドル政府が自国の内政に対する中国の明らかな干渉を受容したことは米国にとって深刻な懸念であり、エルサルバドルとわれわれの関係の再評価につながるだろう」とした。

短期的な経済成長とインフラ向けに国家主導の投資を獲得するために中国との関係樹立・拡大を望む国々は長期的には失望する可能性がある、と指摘。「世界中で各国政府は中国の経済的誘因がパートナーシップではなく、経済的依存・支配を促進するという現実に目覚めている」との認識を示した。

また、中国による「両岸関係の不安定化および西半球に対する政治的干渉」に反対し続けるとした。

台湾総統府の報道官は声明で、「公正のために意見を表明」したとして米政府に謝意を示した。「台湾は引き続き地域の安定と利益に向けて取り組み、中国の強制により民主的な自由を放棄することは決してない」とした。

一方、中国外務省の陸慷報道官は、同国とエルサルバドルとの国交樹立は「完全にまっとうで公正」だとし、米国にこの国交を「正しく受け止めるよう」求めた。

陸報道官は、中国は既に米国を含め米州の25カ国と外交関係を結んでいたとし、中国は経済発展と安全保障を積極的に推進してきたと述べた。外交関係を結ぶ国が26カ国になったことで、「なぜ安全保障と発展に影響することになるのか」と語った。

また「他国の国内情勢に関する決定を尊重し、覇権主義的な行動を控えるよう、関係国に求める」と述べた。

*内容を追加します。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^