THE EPOCH TIMES
真実と伝統

米副大統領が11月中旬に来日、安倍首相・麻生副総理と会談=関係筋

2018年10月05日 13時02分

[東京 5日 ロイター] - 11月中旬に米国のペンス副大統領が来日し、安倍晋三首相や麻生太郎副総理と会談する予定であることが明らかになった。具体的日程等詳細は今後詰める。複数の関係筋が5日に明らかにした。中国・北朝鮮・経済問題などについて意見交換する見通し。

ペンス副大統領は11月中旬にシンガポールで東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議、およびパプアニューギニアでアジア太平洋経済協力会議(APEC)にトランプ米大統領の代理として出席する予定で、その際日本に立ち寄る予定。米国は11月6日に中間選挙を予定しており、直後の来日となる。

ペンス副大統領は麻生副総理と過去2回、日米経済対話を開催しており、今回の来日時に3回目の開催が企画されている。日米間の通商問題については、茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が9月に会談し、これを受けて安倍首相とトランプ大統領の間で事実上の二国間自由貿易協定(FTA)につながる「物品貿易協定(TAG)」の交渉開始が合意されたばかり。ペンス・麻生両氏は、より広範なテーマで意見交換するとみられる。

(竹本能文)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^