大紀元時報

次期米国連大使、元補佐官のパウエル氏起用を検討=トランプ大統領

2018年10月10日 11時59分

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、年末に退任することを表明したニッキー・ヘイリー国連大使の後任に、ゴールドマン・サックス幹部で、ブッシュ(子)元政権下で大統領補佐官を務めたディナ・パウエル氏の起用を検討する考えを示した。

娘のイバンカ氏を起用するとの憶測は否定した。

パウエル氏はトランプ政権でも、昨年に大統領副補佐官(国家安全保障担当)を務め、中東外交で主要な役割を果たした。今年に入り、古巣のゴールドマン・サックスに復帰していた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^