大紀元時報

デザイン性と機能性の高さが魅力の「Shopify」でネットショップを始めよう【PR】

2018年10月19日 11時00分

「ネットショップ開業にあたって自社サイトを立ち上げたいけど、どのECサイト作成プラットフォームを選べばいいのかわからない」とお悩みの方も多いかと思います。

多々存在するネットショップ作成サービスの中で、今世界から注目されているのがカナダ発の「Shopify」です。現在世界175ヶ国・60万以上のネットショップで利用されている世界シェアNo.1のプラットフォームです。2017年に日本法人を設立し、日本語対応などのローカライズを進めています。

ShopifyはクラウドベースSaaS型の通販システムで、サイト作成からショップの運営に必要な機能を月額料金にて利用できます。Shopifyの人気の理由は、シンプルで使いやすく低スタートアップコストで始められることです。月額料金29ドルで始めることができネットショップ販売・運営に必要な機能全てが揃っているので、簡単にネットショップを立ち上げることができます。

Shopifyでは、モダンで洗練された無料デザインテンプレートが豊富に揃っています。さまざまな編集ツールを提供しているので、選んだテンプレートを自社ブランドに合わせ自由にカスタマイズできオリジナルのサイトを作成することができます。

さらにShopifyアプリストアには、販売促進、ドロップシッピング、配送、越境EC対応、バックオフィス機能などの無料・有料アプリが2000以上も用意されています。事業の運営に必要なアプリと連携することで、ネットショップを自由にカスタマイズすることができます。

年々巧妙になる顧客情報や機密情報を狙うサイバー攻撃から守るために、セキュリティ対策は大変重要です。Shopifyは、クレジットカード情報を保護するために定められた情報セキュリティ基準「PCI DSS」の最高レベルである「レベル1」に準拠されています。サイトの安全性に必要不可欠なSSL証明書の利用料も月額料金に含まれているので、ネットショップの安全性・信頼性を高めることができます。

またShopifyでは、24時間体制のサポートを提供しています。ネットショップを始めるにあたって分からないことや困ったことは、メール、ライブチャット、電話でいつでも問い合わせることができます。

高機能なのに低価格でサービスを提供する「Shopify」。シンプルで使いやすいく、初心者でも簡単にネットショップを作成し直ぐに販売を始められます。プロが作成したようなネットショップを時間をかけず低コストで開業・運営したい事業者にとってShopifyは最適なプラットフォームといえるでしょう。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^