大紀元時報

米議会選挙、資金調達額が最高記録更新の勢い

2018年10月17日 17時22分

[ニューヨーク/ワシントン 16日 ロイター] - 米中間選挙に向けて上下両院の議員候補が調達する選挙資金の総額が過去最高を更新するペースで膨らんでいることが、連邦選挙委員会(FEC)のデータに基づくロイターの分析で明らかになった。共和、民主のどちらかの党に属する少なくとも5人の候補が単独で集めた資金が個人の記録を塗り替えていることが一因だ。

下院議員候補は2017年1月から今年9月末までに計12億ドルの資金を集めた。2010年の選挙を控えた同期間に樹立したインフレ調整後の過去最高額である10億ドルを上回っている。

上院議員候補がこれまで調達した資金は9億5000万ドル超と、2010年の同期間の調達額である8億4400万ドルを上回った。

記録的な選挙資金は11月6日の選挙に向けた共和、民主両党間の激しい争いを浮き彫りにしている。民主党は下院の過半数奪還に向けて23議席上積みすることを目指しており、上院では2議席上積みして過半数を奪いたい考え。対する共和党は過半数を死守する構えだ。

選挙資金の調達額では、民主が共和を上回っている。民主の上院議員候補は5億5100万ドル以上を調達しており、共和は3億6800万ドル以上となっている。下院では、民主候補は6億8000万ドル以上を集めており、共和は5億4000万ドル以上。

ただ、選挙運動資金協会(CFI)のマイケル・マルビン氏は、民主は予備選の候補者数が多いために選挙資金の総額が膨らんだ可能性があり、「民主が圧倒的に有利な立場にあるとはみていない」と述べた。

個人が単独で集めた選挙資金の記録を塗り替えたのは上院では民主党のベト・オルーク現下院議員のみで、集めた資金は6300万ドル近くと、2006年にヒラリー・クリントン上院議員(当時)が打ち立てた過去最高記録の約6100万ドル(インフレ調整後)を上回った。

下院では4人の議員候補が記録を塗り替えており、共和党はデビン・ヌネス議員など3人、民主党はコナー・ラム議員の1人だった。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^