大紀元時報

米、ロシアに追加制裁の可能性=ボルトン大統領補佐官

2018年10月27日 09時24分

[トビリシ 26日 ロイター] - 米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は26日、ロシアの米選挙介入やウクライナのクリミア併合に対応すべく、追加制裁のを検討など必要な措置を取る方針を示した。

ロイターの取材に応じた。ロシア国債保有者に制裁を科す可能性についての質問には、「国債に関するいかなる形の制裁」も把握していないと説明。「異なる制裁対象の取引に関連した金融取引に絡む場合、影響が及ぶ可能性はある」とも語った。

また、中国の攻撃的な活動について、ロシアと戦略対話に臨む米国の意向を示した。

「ロシアの中心部」が到達区域内に入るとし、中国のミサイル能力がロシアへの脅威になっていると指摘した。

破棄方針を表明した中距離核戦力(INF)廃棄条約について「冷戦の遺物」との認識も示した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^