大紀元時報

原油先物が3日ぶりに反発、貿易戦争巡る懸念で上値重い

2018年10月31日 12時02分

[東京 31日 ロイター] - アジア時間の取引で、原油先物は3営業日ぶりに反発。ただ供給増や、米中貿易戦争を背景にした需要見通しを巡る懸念が引き続き重しとなっている。

0110GMT(日本時間午前10時10分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.36ドル(0.5%)高の1バレル=76.27ドル。前日は1.8%安だった。一時、8月24日以来の安値となる75.09ドルを付けた。

米WTI原油先物<CLc1>は0.27ドル(0.4%)高の66.45ドル。前日は1.3%安。一時、8月17日以来の安値(65.33ドル)を付けた。

両ベンチマークは10月第1週目に付けた4年ぶりの高値から約10ドル下落しており、月間では2016年7月以来の最悪なパフォーマンスを記録する見通し。

トランプ米大統領は29日、中国と貿易に関して「素晴らしい取引」ができると思うと述べた一方、取引が不可能であれば、新たに莫大な関税を発動する用意ができていると警告した。

また、米石油協会(API)が30日公表した週間統計によると、米原油在庫は前週570万バレル増加。アナリスト予想(410万バレル増)を上回る伸びとなった。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^