大紀元時報

外交・安保対話は「率直な」意見交換へ、南シナ海など=駐中国米大使

2018年11月09日 11時17分

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国のブランスタッド駐中国大使は、9日にワシントンで開催される米中の高官級外交・安全保障対話では人権や南シナ海の問題などで「率直な」意見交換が行われる見通しだと語った。国務省で8日、記者団に述べた。

米国は北朝鮮など優先課題の進展を目指すとしたほか、戦略的安全保障に関してや、「軍事面で起こり得るミスや事故」をどのように防ぐかについても協議されるとした。

対話には、米国からポンペオ国務長官とマティス国防長官が、中国側は楊潔チ・共産党政治局委員と魏鳳和国防相が出席する。

同対話は10月に中国で行われる予定だったが、貿易や台湾、南シナ海の問題で緊張が高まる中、延期されていた。

焦点は外交・安保問題になるものの、11月30日─12月1日の20カ国・地域(G20)首脳会議で予定されるトランプ大統領と習近平国家主席の会談を前に、両国の貿易戦争解決に向けた取り組みも協議されるとみられる。

ブランスタッド大使は「中国との建設的で結果を重視する関係を望む。われわれは中国を抑制しようとしているのではなく、公正と互恵性を求めている」と述べた。

また「外交・安保対話は南シナ海や人権といったさまざまな問題について率直かつオープンに意見交換を行う場だ」と指摘。

さまざまな国際問題における中国の協力にも言及し、北朝鮮を交渉のテーブルに戻す上で「非常に重要な役割」を担うとの認識を示した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^