大紀元時報

米、ベネズエラへの新たな制裁検討=大統領補佐官

2019年03月06日 13時25分

[ワシントン 5日 ロイター] - ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は5日、ベネズエラのマドゥロ政権に対する退陣圧力を強めるため、同国への新たな制裁を検討していると明らかにした。

FOXビジネス・ネットワークの番組に出演したボルトン氏は「マドゥロ氏を資金面でさらに圧迫し、政権維持に必要な資金の調達を阻止するための新たな制裁、新たな措置を検討している」と表明した。

米国は既に、ベネズエラの石油部門を対象とする制裁を発動しており、政府高官らを資産凍結や渡航禁止から成る制裁の対象に指定している。

米国のエリオット・エイブラムズ・ベネズエラ担当特使は先に、マドゥロ政権との関係が強い米国外の個人や団体に2次制裁を科すことは「明らかにあり得る」が、そのような決定はまだ下されていないと述べている。

^