大紀元時報

ベネズエラ駐在の米外交官、全員が出国=ポンペオ米国務長官

2019年03月15日 20時12分

[ワシントン 14日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は、ベネズエラ駐在の外交官全員が14日、国務省の事前発表通り出国したと明らかにした。

長官は、「米外交官らは別の場所から業務を継続し、ベネズエラ国民への人道援助管理支援や、勇気を持って暴政に立ち向かっている民主活動家らへの支援を行っていく」との声明を発表した。

ある米当局者は、出国には民間のチャーター機が使用されたと述べた。

米国は、1月にベネズエラの「暫定大統領」就任を宣言した野党指導者、フアン・グアイド国会議長を先陣を切って承認、2018年のマドゥロ大統領再選は不正だったとしている。欧州もこの動きに歩調を合わせている。

^