大紀元時報

イスラエル軍がハマス関連施設を空爆、ロケット弾攻撃への報復

2019年03月27日 00時56分

[ガザ/エルサレム 26日 ロイター] - イスラエル軍は25日夜、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの関連施設を空爆した。同日早朝、ガザからイスラエルにロケット弾が発射され、7人が負傷したことへの報復。ガザ側からも再びイスラエルに向けてロケット弾が発射され、緊張感が高まっている。

ただ、パレスチナ当局によると、エジプトの仲介で停戦が成立。戦闘行為は収束してはいないが、事態は沈静化に向かっているもようだ。

イスラエルの当局者は、停戦が成立したのかコメントしていない。

^