大紀元時報

ベネズエラ政府、中銀から金8トン搬出=関係筋

2019年04月10日 11時47分

[カラカス 9日 ロイター] - ベネズエラ政府は先週、中央銀行の金庫から8トンの金を運び出した。議員と政府関係者が明らかにした。米国による経済制裁に苦しむ中、外貨調達に向けて国外に売却するとみられている。

政府関係者によると、前週は停電や水不足でほとんどの一般職員が自宅待機中で、事務所に高官クラスしかいない間に搬出されたという。

野党のアンヘル・アルバラド議員は「中銀が不測の事態に備えている間に金が運び出された」と指摘。金は海外に売却されるだろうが、売却先は分からないとした。

ベネズエラでは今年2月にも同規模の金が運び出されている。

政府関係者によると、中銀の金準備は米国の追加制裁が科される前の年初から30トン減少。金庫内にはなお約100トンあり、貨幣価値では40億ドル以上という。

もっとも、このままのペースで減少を続ければ、中銀の金準備は年末までにほぼ底を突く見通し。

ベネズエラの中銀、情報省ともコメントの要請に応じていない。

^