大紀元時報

消費増税は予定通り実施、決断表明の首相会見など予定していない=麻生財務相

2019年04月10日 14時24分

[東京 10日 ロイター] - 麻生太郎財務相は10日の衆議院財務金融委員会で、10月の消費税率の引き上げは「法律で決められており、予定通り実行させていただく」とし、安倍晋三首相が増税実施の決断を表明する記者会見などは「予定していない」と語った。末松義規委員(立憲)への答弁。

また、黒田東彦日銀総裁は、物価目標を2%に設定していることについて「統計上のバイアスや政策対応力の確保を考慮し、小幅のプラスの物価上昇率を目指すことが重要と考えている」とし、「そのうえで、グローバルスタンダードである2%の物価安定目標を目指していくことは、長い目でみた為替レートの安定にも資する」と述べた。

日銀として「単に物価だけが上昇すればよいとは考えていない」とし、「あくまでも企業収益や雇用、賃金の増加とともに、物価上昇率が緩やかに高まっていく経済を目指している」と語った。

(伊藤純夫)

^