大紀元時報

航空機メーカー補助金巡る米欧の対立、中国企業を利するだけ=仏経財相

2019年04月10日 21時56分

[パリ 10日 ロイター] - フランスのルメール経済・財務相は10日、航空機メーカーへの補助金を巡る欧州連合(EU)と米国の対立は無意味で、新興の中国メーカーを利するだけだと指摘した。

トランプ米大統領は今週、EUのエアバス<AIR.PA>への補助金が米企業に不利益をもたらしているとして、110億ドル相当のEU製品に報復関税を課すと警告した。

EUは、米政府のボーイング<BA.N>への補助金が不当と主張しており、米欧は長らく航空機メーカーへの補助金を巡り対立している。

ルメール経財相は、フランス国際関係研究所(IFRI)で講演し、ボーイング・エアバス問題での対立はばかげており、中国の国有航空機メーカー、中国商用飛機(COMAC)が得するだけだと指摘した。

また、欧州は米国のEU製品に対するいかなる制裁措置にも対抗する手段を有するとしたが「米国とともに妥協の道を探ることが非常に望ましい」と述べた。

^