大紀元時報

金正男氏殺害事件、服役のベトナム人女性が出所

2019年05月06日 10時53分

[クアラルンプール 3日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、傷害罪で有罪判決を受け服役していたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン受刑者(30)が3日、出所した。同受刑者の弁護士が明らかにした。

フオン受刑者は2017年2月、インドネシア国籍の女性とともにクアラルンプールの空港で正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗って殺害したとして、殺人罪に問われた。

マレーシアの検察は前月、フオン受刑者の訴因を殺人罪から罪状の軽い傷害罪に変更。同受刑者は起訴内容を認め、裁判所は3年4月の禁錮刑を言い渡していた。

弁護士によると、同受刑者は3日のうちにベトナムに帰国する見通し。

インドネシア国籍の女性シティ・アイシャさんも殺人罪に問われていたが、検察が起訴を取り下げたため、3月に釈放された。

^