大紀元時報

米中は貿易問題解決を=IMF専務理事

2019年05月07日 20時18分
5月7日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事(写真)は、中国と米国の貿易を巡る緊張は世界経済への脅威だとして、両国に解決を促した。北京で4月撮影(2019年 ロイター/JASON LEE)
5月7日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事(写真)は、中国と米国の貿易を巡る緊張は世界経済への脅威だとして、両国に解決を促した。北京で4月撮影(2019年 ロイター/JASON LEE)

[パリ 7日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は7日、中国と米国の貿易を巡る緊張は世界経済への脅威だとして、両国に解決を促した。

ラガルド専務理事は、仏財務省で開催された会合の合間に「貿易の緊張は誰もが納得する形で解決されなければならない。米国と中国の明らかな緊張は世界経済にとって脅威だからだ」と述べた。

^