大紀元時報

米ホワイトハウス、ミャンマーのロイター記者釈放を歓迎

2019年05月08日 12時04分
5月7日、米ホワイトハウスは、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの取材を巡り国家機密法に違反したとして収監されていたロイターの記者2人が釈放されたことを歓迎するとの声明を発表した。写真はワ・ロン記者(右から3人目)・チョー・ソウ・ウー記者(左端)と彼らの家族。7日ヤンゴンでの代表撮影(2019年/ロイター)
5月7日、米ホワイトハウスは、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの取材を巡り国家機密法に違反したとして収監されていたロイターの記者2人が釈放されたことを歓迎するとの声明を発表した。写真はワ・ロン記者(右から3人目)・チョー・ソウ・ウー記者(左端)と彼らの家族。7日ヤンゴンでの代表撮影(2019年/ロイター)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米ホワイトハウスは7日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの取材を巡り国家機密法に違反したとして収監されていたロイターの記者2人が釈放されたことを歓迎するとの声明を発表した。

ワ・ロン記者とチョー・ソウ・ウー記者は、恩赦により釈放された。

声明は「ロヒンギャに対する残虐行為を取材したことで2017年12月から500日以上収監されていた記者が家族と再会できることを喜んでいる」とし、ミャンマーで拘束されている他のジャーナリストにも自由が認められることを望んでいると強調した。

^