大紀元時報

原油先物は下落、米中貿易摩擦巡る懸念で

2019年05月09日 12時48分
5月9日、アジア時間の原油先物は下落。米原油在庫が予想外に減少したものの、米中貿易摩擦を巡る懸念が重しとなっている。写真はメキシコのガソリンスタンドで1月に撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)
5月9日、アジア時間の原油先物は下落。米原油在庫が予想外に減少したものの、米中貿易摩擦を巡る懸念が重しとなっている。写真はメキシコのガソリンスタンドで1月に撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)

[ソウル 9日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。米原油在庫が予想外に減少したものの、米中貿易摩擦を巡る懸念が重しとなっている。

0102GMT(日本時間午前10時02分)時点で北海ブレント先物<LCOc1>は0.44ドル(0.63%)安の1バレル=69.92ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は0.45ドル(0.72%)安の61.67ドル。

トランプ米大統領は8日、中国は米国との通商協議で「ディールを破った」とし、合意に達しなければ厳しい関税に直面することになると述べた。

米エネルギー情報局(EIA)の週間統計によると、国内原油在庫は増加の予想に反して約400万バレル減少した。

^