大紀元時報

中国、台湾への影響力さらに拡大 選挙干渉や偽ニュース=蔡総統

2019年05月10日 18時16分
5月10日、台湾の蔡英文総統(写真)は、中国が台湾への影響力をさらに拡大しているとし、台湾の安全保障当局に対して中国の動きに対抗するよう求めた。台北で3月撮影(2019年 ロイター/TYRONE SIU)
5月10日、台湾の蔡英文総統(写真)は、中国が台湾への影響力をさらに拡大しているとし、台湾の安全保障当局に対して中国の動きに対抗するよう求めた。台北で3月撮影(2019年 ロイター/TYRONE SIU)

[台北 10日 ロイター] - 台湾の蔡英文総統は、中国が台湾への影響力をさらに拡大しているとし、台湾の安全保障当局に対して中国の動きに対抗するよう求めた。

蔡総統は安全保障会議の終了後に記者団に対し、中国による影響力拡大の取り組みには選挙干渉や偽ニュースなどが含まれると述べた。具体的な事例は挙げなかった。

総統はその上で、台湾の安全保障機関が中国の動きに対抗する方法を見いだすと述べた。

台湾海峡における軍事行動を抑止する考えも示し、軍事装備のアップグレードなど防衛能力を強化すると言明した。

蔡総統は「中国共産党は台湾海峡で挑発行為を続け、台湾海峡の現状を破壊している」と非難した。

^