大紀元時報

米国、ベネズエラ制裁強化 防衛・安全保障サービスに対象拡大

2019年05月13日 10時18分
5月10日、トランプ米政権は、対ベネズエラ制裁の対象を防衛・安全保障サービスセクターに拡大し、マドゥロ大統領への経済的圧力を強めた。写真はベネズエラ国営石油会社PDVSAの石油精製ターミナルとタンカー。キュラソー島で2月に撮影(2019年 ロイター/Henry Romero)
5月10日、トランプ米政権は、対ベネズエラ制裁の対象を防衛・安全保障サービスセクターに拡大し、マドゥロ大統領への経済的圧力を強めた。写真はベネズエラ国営石油会社PDVSAの石油精製ターミナルとタンカー。キュラソー島で2月に撮影(2019年 ロイター/Henry Romero)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米政権は10日、対ベネズエラ制裁の対象を防衛・安全保障サービスセクターに拡大し、マドゥロ大統領への経済的圧力を強めた。

同セクターに従事する米企業や外国企業が制裁の対象となる。石油セクターと銀行セクターへの制裁に続く措置。

米政府高官によると、軍用部品や通信機器・サービスの海外サプライヤーが通知を受けたという。

米政権はまた、ベネズエラからキューバに原油を出荷したとして新たに海運会社2社と石油タンカー2隻をブラックリストに載せた。

米財務省は2社がマーシャル諸島とリベリアを拠点とする企業で、両社のタンカーが2018年終盤から19年3月まで、ベネズエラからキューバに原油を輸送していたとしている。両タンカーはパナマの国旗を掲げていたという。

制裁により、これらの企業と船舶は米国の個人・企業との取引が禁止されるほか、米国に保有・管理する資産が凍結される。

^