大紀元時報

米大統領、一部追加関税「未定」 G20で中ロ首脳と会談へ

2019年05月14日 08時00分
5月13日、トランプ米大統領は新たな3250億ドル相当の中国製品への追加関税について、先に進めるかは決めていないと説明した。(2019年 ロイター/CARLOS BARRIA)
5月13日、トランプ米大統領は新たな3250億ドル相当の中国製品への追加関税について、先に進めるかは決めていないと説明した。(2019年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、新たな3250億ドル相当の中国製品への追加関税について、先に進めるかは決めていないと説明した。

6月に日本で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて、中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領と会談する方針を表明した。

トランプ大統領は執務室で「先方とやり取りをしている。非常に良好な関係だ」と指摘。「何かが起きるかもしれない」とし、恐らく非常に中身のある会合になるだろうと見通した。

中国と一時合意し、95%まで進んでいたとの認識も明かした。

^