大紀元時報

米共和党議員、中国人学生・研究員へのビザ発給禁止に向け法案提出

2019年05月15日 10時55分
5月14日、米中貿易摩擦が激化するなか、米議会共和党の一部議員は、中国人民解放軍の関連機関が雇用・支援する人材について、学生向けと研究員向けの査証(ビザ)の発給を禁止する法案を提出した。写真は国旗を掲揚する人民解放軍兵士ら。北京オリンピック開会式時、北京国家体育場で2008年8月に撮影(2019年 ロイター/JERRY LAMPEN)
5月14日、米中貿易摩擦が激化するなか、米議会共和党の一部議員は、中国人民解放軍の関連機関が雇用・支援する人材について、学生向けと研究員向けの査証(ビザ)の発給を禁止する法案を提出した。写真は国旗を掲揚する人民解放軍兵士ら。北京オリンピック開会式時、北京国家体育場で2008年8月に撮影(2019年 ロイター/JERRY LAMPEN)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米中貿易摩擦が激化するなか、米議会共和党の一部議員は14日、中国人民解放軍の関連機関が雇用・支援する人材について、学生向けと研究員向けの査証(ビザ)の発給を禁止する法案を提出した。

上院共和党のチャック・グラスリー議員、トム・コットン議員、テッド・クルーズ議員、マーシャ・ブラックバーン議員、ジョシュ・ホーリー議員が提出した。

一部の米当局者は、国内の大学や研究機関における中国人による知的財産権侵害やスパイ行為を警戒している。

ただ、米国の大学関係者の多くは、セキュリティリスクを認識する一方で、中国人研究者や学生が国内機関で重要な役割を担っていることも認識する必要があると指摘している。

^