大紀元時報

中国に人権活動家の釈放要求、米国務長官が天安門事件30年で

2019年06月04日 10時45分
6月3日、ポンペオ米国務長官は、1989年の天安門事件から4日で30年を迎えるのに合わせ、中国政府に対して国内で不当に拘束されているすべての人権活動家を釈放するよう要求した。オランダ・ハーグで撮影(2019年 ロイター/PIROSCHKA VAN DE WOUW)
6月3日、ポンペオ米国務長官は、1989年の天安門事件から4日で30年を迎えるのに合わせ、中国政府に対して国内で不当に拘束されているすべての人権活動家を釈放するよう要求した。オランダ・ハーグで撮影(2019年 ロイター/PIROSCHKA VAN DE WOUW)

[ワシントン 3日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は3日、中国の民主化運動が武力弾圧された1989年の天安門事件から4日で30年を迎えるのに合わせ、中国政府に対して国内で不当に拘束されているすべての人権活動家を釈放するよう要求した。

長官は声明で、中国政府は弾圧による死者や行方不明者について公に説明すべきとした上で「そうすることで中国共産党は人権や基本的自由の尊重に向け一歩踏み出すことができる」と述べた。

さらに「人権や基本的自由を追求したために拘束されたすべての人々の解放、恣意的な拘束の停止、宗教・政治信条をテロと結びつける非生産的政策の撤回を中国政府に要求する」とした。

中国政府はこれまで天安門事件による死者数を明らかにしていない。2017年に公表された英国の外交文書によると、死者数は1万人に上ると推測されている。魏鳳和国防相は2日、当時の民主化運動の鎮圧は「正しい」決定だったと擁護した上で、事件以降、国内は安定していると強調した。

^