大紀元時報

天安門事件30年、北京市は厳戒態勢

2019年06月04日 16時06分
6月4日、中国で民主化を求める若者らを当局が武力で鎮圧した天安門事件から30年となった。北京市中心部の天安門広場やその周辺は当局が警察官らを配備し、厳戒態勢が敷かれている。写真は北京で16日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
6月4日、中国で民主化を求める若者らを当局が武力で鎮圧した天安門事件から30年となった。北京市中心部の天安門広場やその周辺は当局が警察官らを配備し、厳戒態勢が敷かれている。写真は北京で16日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 4日 ロイター] - 中国で民主化を求める若者らを当局が武力で鎮圧した天安門事件から4日で30年となった。北京市中心部の天安門広場やその周辺は当局が警察官らを配備し、厳戒態勢が敷かれている。

北京市内の随所で通行人の身元チェックや車の荷物検査が行われている。天安門広場に入るために観光客は長い列に並び、セキュリティーチェックを受ける必要がある。

一方、ロイターが取材した観光客の大半は30年前の出来事についてほとんど知らないか、議論するつもりはないとコメントした。30周年を記念し、抗議活動や関連イベントが行われる様子はない。

人権団体によると、当局はここ数週間、反体制派や活動家らを拘束したり、自宅軟禁下に置いているという。

中国政府による圧力を背景に金融情報を提供するリフィニティブは、アイコン端末から天安門事件に関連するロイターのニュースを削除した。

^