大紀元時報

カナダの5月雇用者数、予想上回る 失業率は過去最低水準

2019年06月08日 22時37分
6月7日、カナダ統計局が7日発表した5月の雇用統計は雇用者数が2万7700人増と、市場予想の8000人増を上回った。写真はトロントの就職フェア。4月3日撮影(2019年 ロイター/Aaron Harris)
6月7日、カナダ統計局が7日発表した5月の雇用統計は雇用者数が2万7700人増と、市場予想の8000人増を上回った。写真はトロントの就職フェア。4月3日撮影(2019年 ロイター/Aaron Harris)

[オタワ 7日 ロイター] - カナダ統計局が7日発表した5月の雇用統計は雇用者数が2万7700人増と、市場予想の8000人増を上回った。失業率は比較可能な1976年以降で最も低い5.4%となった。市場予想は5.7%だった。

自営業が6万1500人増え、全体を押し上げた。

統計を受けカナダドルは7週間ぶりの高値を付けた。

4月は雇用者数が10万6500人増と、過去最高の伸びだった。

BMOキャピタルの上級エコノミスト、サル・グアティエーリ氏は「今回の雇用統計も素晴らしい内容だ。カナダ経済が春に加速していると自信を持って言える」とした。

雇用統計の内訳は、サービス部門が2万2800人増。ヘルスケアや専門サービスが押し上げ要因だった。生産部門は4900人増と、より控えめな伸びとなった。製造業が伸びをけん引した。

カナダ銀行(中央銀行)は5月31日の政策決定会合で予想通り金利を据え置いた。最近の景気弱含みが一時的である兆候に言及した。主要な統計を注視しつつ、様子見姿勢を保つことを示唆した。

公共と民間部門を合わせた失業者数は3万3800人だった。

TDセキュリティーズの首席ストラテジスト、アンドリュー・ケルビン氏は5月の雇用統計について、4月からの減速予想を覆す内容だと指摘。「一つ奇妙なのは、雇用増加が全て自営業の伸びによるものだったことだ。公共と民間部門がともに減少したことを踏まえると、楽観的になり過ぎるのは良くない」と語った。

^