大紀元時報

中国、今月の米中首脳会談開催を確認せず 「扉は開かれている」

2019年06月11日 08時18分
6月10日、中国外務省の報道官は米国との貿易交渉に応じる用意はあるとしながらも、今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳が会談する可能性については何も発表することはないとコメントした。5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)
6月10日、中国外務省の報道官は米国との貿易交渉に応じる用意はあるとしながらも、今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳が会談する可能性については何も発表することはないとコメントした。5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 10日 ロイター] - 中国外務省の報道官は10日、米国との貿易交渉に応じる用意はあるとしながらも、今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳が会談する可能性については何も発表することはないとコメントした。

トランプ米大統領は大阪G20で中国の習近平国家主席と会談する用意があると繰り返し述べているが、中国側はこれまで会談の開催を確認していない。

中国外務省報道官は定例会見で、米中首脳会談の開催について確認を避けたが、米国側が会談を望んでいる意向を何度も示していると指摘。「この問題で具体的なニュースがあれば、適切なタイミングで発表する」と述べた。

貿易戦争と貿易交渉については、中国側の立場は非常に明確だとし「中国は貿易戦争を戦いたくないが、貿易戦争を恐れてはいない。米国側が対等な協議を求めるなら、我々の扉は開かれている。米国側が貿易摩擦の激化を求めるなら、我々は断固として対応し最後まで戦う」と述べた。

^