大紀元時報

香港の「雨傘運動」指導者が出所、行政長官に辞任求める

2019年06月17日 14時49分
6月17日、香港の民主派による2014年の大規模デモ「雨傘運動」の元学生団体指導者、黄之鋒氏が釈放された。収監先の矯正施設から徒歩で出所する黄氏(中央)。香港で撮影(2019年 ロイター/TYRONE SIU)
6月17日、香港の民主派による2014年の大規模デモ「雨傘運動」の元学生団体指導者、黄之鋒氏が釈放された。収監先の矯正施設から徒歩で出所する黄氏(中央)。香港で撮影(2019年 ロイター/TYRONE SIU)

[香港 17日 ロイター] - 香港の民主派による2014年の大規模デモ「雨傘運動」の元学生団体指導者、黄之鋒氏が17日、釈放された。法廷侮辱罪で実刑判決を言い渡され、5週間収監されていた。

釈放後に同氏は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に抗議するデモに加わる意向を示した。

「この悪法との戦いに参加する」と述べ、香港政府トップの林鄭月娥行政長官は辞任する時だと主張した。

同行政長官は16日、「逃亡犯条例」改正案の取り扱いを巡って市民に謝罪した。

^