大紀元時報

仏当局、ゴーン被告の資産に関する調査開始─関係筋=仏紙

2019年06月24日 09時38分
6月23日、仏当局が会社法違反の罪で起訴された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の資産に関する徹底的な調査を開始したと、仏紙リベラシヨンが複数の関係筋の話として伝えた。4月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)
6月23日、仏当局が会社法違反の罪で起訴された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の資産に関する徹底的な調査を開始したと、仏紙リベラシヨンが複数の関係筋の話として伝えた。4月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[パリ 23日 ロイター] - 仏当局は会社法違反の罪で起訴された日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告の資産に関する徹底的な調査を開始した。仏紙リベラシヨンが23日、複数の関係筋の話として伝えた。

仏自動車大手ルノー<RENA.PA>の取締役会は6月4日の声明で、ゴーン被告が日産とルノーの企業連合統括会社の会長だった時に不正に行われた疑いのある支出が約1100万ユーロに上ると発表した。

リベラシヨン紙によると、ゴーン被告とその妻には調査通告が送られている。一方、同被告の弁護士の1人Francois Zimeray氏は、調査については知らされていないと述べた。

^