大紀元時報

米中、貿易戦争の一時休戦で合意 G20控え=香港紙

2019年06月27日 15時53分
6月27日、米国と中国は、28─29日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて開く両国の首脳会談を前に、貿易戦争の一時休戦で合意した。写真は北京で5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)
6月27日、米国と中国は、28─29日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて開く両国の首脳会談を前に、貿易戦争の一時休戦で合意した。写真は北京で5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[27日 ロイター] - 米国と中国は、28─29日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて開く両国の首脳会談を前に、貿易戦争の一時休戦で合意した。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが27日、関係筋の話として報じた。

一時休戦によって、米国が計画する3000億ドル相当の中国製品に対する関税は保留される。

合意の詳細は共同声明ではなくプレスリリースとして発表されるという。

同紙は関係筋1人の話として、中国の習近平国家主席は米政府が一時休戦で合意することをトランプ大統領との会談の条件としていると伝えた。

ホワイトハウスによると、米中首脳は29日午前11時30分(日本時間)から会談する。

^