大紀元時報

「殺される」襲撃者の影に脅えるシリア人、トルコで反移民感情高まる

2019年07月10日 18時39分
7月9日、トルコでは経済の低迷と失業率の上昇を背景に、市民の不満の矛先がシリア系住民に向かっている。シリア内戦を逃れた難民360万人以上が同国で暮らしており、トルコ人は難民が低賃金の労働力として雇用が奪っていると感じているのだ。イスタンブールでは、シリア人を狙った暴力事件が増加している。写真はシリア系住民の商店を襲撃する男たちを捉えた防犯カメラの映像。ロイターテレビの映像から(2019年 ロイター)
7月9日、トルコでは経済の低迷と失業率の上昇を背景に、市民の不満の矛先がシリア系住民に向かっている。シリア内戦を逃れた難民360万人以上が同国で暮らしており、トルコ人は難民が低賃金の労働力として雇用が奪っていると感じているのだ。イスタンブールでは、シリア人を狙った暴力事件が増加している。写真はシリア系住民の商店を襲撃する男たちを捉えた防犯カメラの映像。ロイターテレビの映像から(2019年 ロイター)

[9日 ロイター] - 未明のイスタンブール。シリア難民が多く住む地域で暴動が発生し、シリア人が営む商店も襲撃された。

このとき、ムスタファさんとアフメドさん兄弟が経営する衣料品店も被害を受けた。店が破壊される様子を、防犯カメラを通して自宅から見ていたという。映像にはトルコ人の男たちが店のガラスを割り、看板を壊し、火をつける様子が写っている。そしてまもなく防犯カメラも壊された。

「午前2時頃、店が襲われて防犯カメラも壊された」とアフメドさんは当時の様子を振り返った。「近所の人に様子を見に行くと伝えると『行くな、殺されるぞ』と言われた。結局、朝を待たざるを得なかった。事態が落ち着くまで2―3日かかった。」

結局警察が出動し、催涙ガスと放水銃を使って暴徒を鎮圧した。シリア系住民によると、こうした襲撃はイスタンブールで散発的に発生しているという。だが、小規模な暴力沙汰はより頻繁に発生していると、SNS上で報告されている。

ハムードさんの精肉店も、トルコ人の暴徒から襲撃を受けたと話す。「アラビア語の看板を見つけると、石を投げて壊し始めた。近所のトルコ人が暴徒に向かって、彼は良いシリア人だから止めてくれと叫んで、助けてくれた。」

トルコ内務省によると、内戦を逃れてきたシリア人360万人以上が同国で暮らしている。イスタンブール県だけでも50万人以上いるという。

経済の低迷と失業率の上昇で、トルコ人の怒りの矛先がシリア人に向かっている。シリア人が低賃金の労働力として流入し、自分たちの仕事が奪われていると感じているのだ。

トルコではいまこそシリア人を追い出す時だ、という声が高まっている。

^