大紀元時報

日米通商交渉、事務方訪米し日程等調整=茂木再生相

2019年07月16日 10時47分
7月16日、茂木敏充経済再生相は閣議後会見で、日米通商交渉に関連して先週、事務レベル協議の今後の進め方や日程について米国側と調整を行なったことを明らかにした。写真は2017年11月にベトナムで撮影(2019年 ロイター/Nguyen Huy Kham)
7月16日、茂木敏充経済再生相は閣議後会見で、日米通商交渉に関連して先週、事務レベル協議の今後の進め方や日程について米国側と調整を行なったことを明らかにした。写真は2017年11月にベトナムで撮影(2019年 ロイター/Nguyen Huy Kham)

[東京 16日 ロイター] - 茂木敏充経済再生相は16日の閣議後会見で、日米通商交渉に関連して先週、事務レベル協議の今後の進め方や日程について米国側と調整を行なったことを明らかにした。環太平洋経済連携協定(TPP)等政府対策本部の梅本和義首席交渉官と渋谷和久政策調整統括官が訪米した。法務担当や物品担当も順次協議を進めており、日程等についても協議を進めているという。

(竹本能文)

^