大紀元時報

英首相候補2人、移民女性議員に対するトランプ氏の発言容認せず

2019年07月16日 17時06分
7月15日、次期英首相の座を争うボリス・ジョンソン氏(写真左)とハント外相(写真右)は、トランプ米大統領が移民系民主党女性議員4人に対して行った発言は容認できないとのメイ首相の立場を支持する考えを示した。写真は英カーディフで6日撮影(2019年 ロイター/Rebecca Naden)
7月15日、次期英首相の座を争うボリス・ジョンソン氏(写真左)とハント外相(写真右)は、トランプ米大統領が移民系民主党女性議員4人に対して行った発言は容認できないとのメイ首相の立場を支持する考えを示した。写真は英カーディフで6日撮影(2019年 ロイター/Rebecca Naden)

[ロンドン 15日 ロイター] - 次期英首相の座を争うボリス・ジョンソン氏とハント外相は、トランプ米大統領が移民系民主党女性議員4人に対して行った発言は容認できないとのメイ首相の立場を支持する考えを示した。

トランプ大統領は14日、「壊れ果て、犯罪まみれの母国に帰って建て直しを手伝っていろ」などとツイート。民主党からは人種差別発言と批判されている。

ジョンソン氏らは討論会でメイ首相に同意するかと問われ、同意すると明言。ジョンソン氏は「英米関係は極めて重要だが、多民族・多文化社会の大国指導者なら、人々を国に帰すといった表現は端的に言って用いることはできない。したがって、これはまったく容認できない」と述べた。

ただ、トランプ氏の発言が人種差別的かとの質問に対しては、両氏ともこの表現は避けた。

ハント外相は、「(発言したのは)わが国と最も緊密な同盟国の大統領だ。米大統領について(人種差別的といった)表現を用いることは状況の好転につながらないと思う」と述べたうえで、「しかし、人々がいまだにこの種の発言をしていることが、私にとってどれほど不快かについては、完全に意思表示している」と付け加えた。

標的にされた4人はいずれも米市民権を保有。アレクサンドリア・オカシオコルテス議員、アヤナ・プレスリー議員、ラシダ・トレイブ議員は米国生まれ。イルハン・オマル議員は1997年にソマリアから難民として米国に移住した。

^