大紀元時報

参院選で安定した政治基盤、増税も信任得た=麻生財務相

2019年07月23日 16時47分
7月23日、麻生太郎財務相(写真)は閣議後会見で、21日投開票された参院選に関し、「安定した政治基盤を頂き、信任を得た」と強調した。写真は6月福岡での代表撮影(2019年/ロイター)
7月23日、麻生太郎財務相(写真)は閣議後会見で、21日投開票された参院選に関し、「安定した政治基盤を頂き、信任を得た」と強調した。写真は6月福岡での代表撮影(2019年/ロイター)

[東京 23日 ロイター] - 麻生太郎財務相は23日の閣議後会見で、21日投開票された参院選に関し、「安定した政治基盤を頂き、信任を得た」と強調した。10月に予定されている消費増税についても、「前から説明してたもので、その意味では信任を得ていると思う」と述べた。

発足したばかりの政治団体れいわ新選組が、消費税そのものの撤廃を掲げ議席を獲得したことに関し、「福祉は負担と給付のバランスの上に成り立っているが、給付が増えて負担を減らすことが成り立つと思っているのだろうか」と否定的な見解を示した。

財務省の岡本薫明次官の続投について、勝栄二郎氏や武藤敏郎氏など次官続投は過去にも例があると示し、岡本氏は「バランス感覚があり主計局に限らず財務省全体を良く知っている」と評価した。

米国が提唱するホルムズ海峡での有志連合の警護に関し、「米国の考え方は(日本として)聞いていると承知しているが、政府の見解がまとまっているとは聞いていない」と述べた。

(竹本能文)

^