大紀元時報

トルコの銀行幹部が米から帰国、対イラン制裁違反で禁錮刑

2019年07月25日 17時10分
7月24日、米国で対イラン制裁違反で禁錮刑を言い渡されたトルコの銀行幹部が刑期を終えて24日に帰国した。写真は帰国したハカン・アティッラ氏(左)(2019年 ロイター)
7月24日、米国で対イラン制裁違反で禁錮刑を言い渡されたトルコの銀行幹部が刑期を終えて24日に帰国した。写真は帰国したハカン・アティッラ氏(左)(2019年 ロイター)

[イスタンブール 24日 ロイター] - 米国で対イラン制裁違反で禁錮刑を言い渡されたトルコの銀行幹部が刑期を終えて24日に帰国した。ハルクバンク<HALKB.IS>の幹部のハカン・アティッラ氏は2018年5月、制裁違反で米国の裁判所から禁固刑を受けた。判決が言い渡された時点で、アティッラ氏はすでに1年あまり収監されていた。

この事件を巡り、トルコと米国の関係は悪化。トルコのエルドアン大統領は昨年、政権に対する政治的攻撃と非難していた。ハルクバンクは制裁違反はしていないと主張している。

イスタンブール空港では、アティッラ氏の家族、ハルクバンクの幹部のほか、アルバイラク財務相が出迎えた。

^