大紀元時報

英軍艦、ホルムズ海峡の英船舶に随行 タンカー拿捕受け

2019年07月26日 20時58分
英国は25日、原油輸送の要衝であるペルシャ湾のホルムズ海峡で英国旗を掲げ航行する全船舶に英軍艦を随行させる措置を開始したと発表した。写真は英フリゲート艦「モントローズ」。2012年10月撮影。英海軍提供写真(2019年 ロイター)
英国は25日、原油輸送の要衝であるペルシャ湾のホルムズ海峡で英国旗を掲げ航行する全船舶に英軍艦を随行させる措置を開始したと発表した。写真は英フリゲート艦「モントローズ」。2012年10月撮影。英海軍提供写真(2019年 ロイター)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英国は25日、原油輸送の要衝であるペルシャ湾のホルムズ海峡で英国旗を掲げ航行する全船舶に英軍艦を随行させる措置を開始したと発表した。

イランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊」が19日、英船籍の石油タンカーを拿捕(だほ)したことを受けた。今月初めには、英海兵隊が欧州連合(EU)の対シリア制裁に違反したとみられるイランの大型石油タンカーを英領ジブラルタル沖で拿捕しており、両国の緊張が高まっている。

英フリゲート艦「モントローズ」が派遣され、24日から活動しているという。

英政府の報道官は「航行の自由は国際貿易制度と世界経済にとって不可欠で、それを守るためにできることをすべて行う」と述べた。

*カテゴリを追加して再送します。

^