大紀元時報

北朝鮮ミサイル発射、米韓と緊密連携、情報収集に全力=官房長官

2019年07月26日 20時56分
7月26日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、北朝鮮が25日新型ミサイルを日本海に向けて発射したことについて、日米・日韓の外相電話会談を今朝行い、緊密な連携を確認したと述べた。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)
7月26日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、北朝鮮が25日新型ミサイルを日本海に向けて発射したことについて、日米・日韓の外相電話会談を今朝行い、緊密な連携を確認したと述べた。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 26日 ロイター] - 菅義偉官房長官は26日午前の会見で、北朝鮮が25日新型ミサイルを日本海に向けて発射したことについて、日米・日韓の外相電話会談を今朝行い、緊密な連携を確認したと述べた。その上で、情報収集に全力を挙げていると説明した。

韓国をいわゆるホワイト国から除外することを8月2日に閣議決定するとの報道について同長官は「閣議決定の日程はまだ何も決まっていない」と答えた。24日に締めきられたパブリックコメントの内容を精査中だとし「この措置は実効的な輸出管理の観点から我が国にとって大切な措置だと考えている」との認識を改めて示した。

^