大紀元時報

原油先物、米GDP受け小幅高 週間では1%超上昇

2019年07月27日 12時47分

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物は小幅に上昇した。予想を上回る米経済指標で需要見通しに明るさが出たほか、ホルムズ海峡における原油輸送の安全性を巡る懸念などが背景。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が0.07ドル(0.11%)高の1バレル=63.46ドル。週間では約1.7%上昇した。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物<CLc1>は0.18ドル(0.32%)高の56.20ドル。週間では約1.2%上昇した。

米商務省が26日発表した第2・四半期の実質国内総生産(GDP)の速報値(季節調整済み)は年率換算で前期比2.1%増と、予想ほど減速しなかった。

アゲイン・キャピタル・マネジメントのジョン・キルドフ氏は米GDPについて、個人消費が伸びるなど「差し引きでポジティブ」だったとの見方を示した。

^