大紀元時報

〈香港デモ〉来週に大規模なスト実施か「自由は仕事より大事」

2019年07月31日 18時21分
香港で7月28日に行われたデモで、市民は21日に起きた襲撃事件に抗議した(Billy H.C.Kwok/Getty Images)
香港で7月28日に行われたデモで、市民は21日に起きた襲撃事件に抗議した(Billy H.C.Kwok/Getty Images)

香港市民はこのほど、「逃亡犯条例」改正案をめぐり、インターネット上で8月5日、集団ストライキと抗議集会に参加するよう市民に呼び掛けた。7月30日朝、一部の市民が、地下鉄の運行を妨げる「非協力運動」を行った。抗議行動は今後さらに拡大するとみられる。

香港メディアによると、21日に元朗区の地下鉄駅で、帰宅途中のデモ参加者が白服を着用した集団に襲撃されたことや、警察当局が催涙弾やゴム弾などを大量に使用してデモを過剰に制圧したことに対して、市民の怒りは高まっているという。このため、市民はフェイスブック上で、「8・5全香港ストライキ・7つの地区で集会」の開催を計画した。

発起人は声明で、「香港政府は今まで市民の訴えに全く耳を傾けず、警察当局は平和に抗議活動を行う市民に不条理にも武力を使ってきた。7月21日の市民襲撃事件においても、警察は迅速に阻止することができなかった」と非難した。

声明は、今後「公正・理性・非暴力」を基に、政府に対して改正案の完全撤回などを求めていくとした。また「自由は安定した仕事よりも重要だ」として、香港市民全員のスト参加を促した。

一方、声明は緊急救命などに従事する市民に対して、8月5日は「いつも通りに出勤するように」と配慮を見せた。

同声明によると、5日午後1時頃、香港島の金鍾(アドミラルティ)にあるタマル・パーク(Tamar Park)など7つの場所で同時に集会が開催される。

また、7月30日朝7時半ごろ、一部の若者は複数の駅や車内で「非協力運動」を行った。若者らは、電車のドアの近くで立ちふさがったり、緊急ボタンを押したりした。この影響で、地下鉄の運行が数時間遅延した。

バス業界の組合、「新巴職工会」と「巴士業職工会連盟」も30日ネット上で、非協力運動に参加すると発表した。

香港メディア「東網」などによると、同日、交通機関の乱れがあったが、市民は理解と支持を示した。

2014年の大規模な抗議デモ「雨傘運動」の元学生リーダー、羅冠聡氏は香港メディアに対して、現在、市民の政府への不満が高まっており、8月には抗議活動がさらに拡大するとの認識を述べた。

(翻訳編集・張哲)

関連キーワード
^