大紀元時報

中国のイラン産原油輸入を「大変懸念」=米エネルギー副長官

2019年09月10日 12時18分
9月9日、ブルイエット米エネルギー副長官(写真)は、米国は中国によるイラン産原油輸入を「大変懸念している」と述べた。2017年9月にチリで撮影(2019年 ロイター/RODRIGO GARRIDO)
9月9日、ブルイエット米エネルギー副長官(写真)は、米国は中国によるイラン産原油輸入を「大変懸念している」と述べた。2017年9月にチリで撮影(2019年 ロイター/RODRIGO GARRIDO)

[アブダビ 9日 ロイター] - ブルイエット米エネルギー副長官は9日、米国は中国によるイラン産原油輸入を「大変懸念している」と述べた。

副長官は、アラブ首長国連邦(UAE)で行われたエネルギー関連会合の合間、「中国の人々、特に政府が行ったイランからの原油輸入を大変懸念している」と述べ、米当局者らがこの案件を中国政府と協議すると付け加えた。

米国は昨年、2015年に成立したイラン核合意を離脱し、イランの生命線ともいえる原油貿易を対象に制裁を再発動した。

^