大紀元時報

サウジ皇太子、防空システム構築で韓国に支援要請

2019年09月19日 12時03分
9月18日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(写真)は、同国の石油施設2カ所が攻撃された事態を受け、韓国に対し、サウジの防空システム強化への支援を要請した。6月に同国ジッダで代表撮影(2019年 ロイター)
9月18日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(写真)は、同国の石油施設2カ所が攻撃された事態を受け、韓国に対し、サウジの防空システム強化への支援を要請した。6月に同国ジッダで代表撮影(2019年 ロイター)

[ソウル 18日 ロイター] - サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は18日、同国の石油施設2カ所が攻撃された事態を受け、韓国に対し、サウジの防空システム強化への支援を要請した。韓国の青瓦台(大統領府)が明らかにした。

青瓦台によると、この要請は、皇太子と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の電話会談中に行われた。大統領はこの電話で、攻撃の被害に対する見舞いと施設の再建支援を表明するとともに、世界規模のテロとの戦いを支援していくとの意向を述べた。

青瓦台は、「皇太子は、将来の攻撃を回避するための対空防衛システム構築で支援を要請した」との声明を発表した。

^