大紀元時報

ゴーン被告、8日にベイルートで会見へ=弁護士

2020年01月02日 12時49分
1月1日、昨年末に日本を突然出国しレバノンに入国した日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が8日にベイルートで会見する。弁護士が明らかにした。都内で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)
1月1日、昨年末に日本を突然出国しレバノンに入国した日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が8日にベイルートで会見する。弁護士が明らかにした。都内で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[ベイルート 1日 ロイター] - 昨年末に日本を突然出国しレバノンに入国した日産自動車<7201.T>前会長カルロス・ゴーン被告が8日にベイルートで会見する。弁護士が明らかにした。

ゴーン被告は、金融商品取引法違反と会社法違反などの罪で起訴され、出国時は保釈中だった。保釈の条件では海外渡航は禁止されており、NHKは、東京地方裁判所が31日に保釈の取り消しを決定したと伝えた。

ゴーン被告は12月31日、声明でレバノンにいることを確認したうえで「不正に操作された」日本の司法制度の「人質」にはならないと表明。「私は不正と政治的迫害から逃れたのであって、司法制度から逃れたのではない。ようやくメディアと自由にコミュニケーションが取れるようになった」などと述べていた。[nL4N2942TX]

ゴーン被告はフランス、ブラジル、レバノンの国籍を持つ。

レバノンの公安総局は、ゴーン被告の入国は合法的で法律上問題にならないという見解を示している。[nL4N29522R]

^