大紀元時報

パラオ当局、中国人142人を違法オンラインギャンブルで逮捕=報道

2020年01月08日 14時26分
南太平洋の島しょ国家パラオ(wondermondo.com)
南太平洋の島しょ国家パラオ(wondermondo.com)

パラオ当局は12月31日、中国人142人を、違法なオンラインカジノに関わった容疑で逮捕した。現地メディア、アイランド・タイムズが1月7日に報じた。

報道によると、麻薬取締局、労働・移民局、海洋司法局、公安などからなる18人の取締官は、コロール州とアイライ州にある3カ所で一斉検挙した。

司法当局は警察発表を引用して、逮捕者は全員、旅行ビザは所持していたが労働ビザを得ていなかった。当局は、多数のコンピューターや携帯電話を押収した。オンラインギャンブルの被害者は、中国語話者という。

これらの違法な労働者は、ユーザーをギャンブルに誘っていた。賭博が厳しく禁止されている中国当局に気づかれないよう、複数の送金ルートを作っていた。

一部の逮捕者の証言によれば、違法なオンラインカジノ労働に従事するために中国本土、カンボジア、ベトナムからパラオに渡ったという。平均で月800ドルの収入を得ていた。今回、当局が捜査した違法なカジノ拠点のひとつでは、70万~100万ドルを売り上げていたという。

報道によると、パラオで合法化された賭博は、バーチャル・パチンコとインターネット・ロトのみ。香港の2社が運営ライセンスを得ているが、まだ操業していない。

(翻訳編集・佐渡道世)

関連キーワード
^